shv日記

気が向いた時に綴るブログ

2018 Jリーグ 地上波中継回数ランキング

今年も終わろうとしているJリーグ。W杯イヤーで変則的な日程の年だったけど、今年も熱かった。ヴェルディを応援しているので最後は悲しかったけど、劇的な展開も多くサッカーの醍醐味を味わった。

 

ところで常々(特にW杯の年は)言われているのが、Jリーグはもっと露出しなければいけないということ。

多くの観客を呼び、代表戦だけでなくJリーグももっと見てもらわないといけない!というやつである。その中で地上波の露出を増やさないといけないというのは特に言われることの一つ。いくらネットの時代、テレビ離れなどと言われていても、地上波の影響力はかなりのもの。

ただ、色々ネットで探しても今どれくらい放送されているかのまとめは見当たらなかった。今の中継の数字が見えないと、どれくらい増やすべきなのかの議論が始まらないと思った。

そこで今回は、どのチームがどれくらい地上波放送されているのかを調べてみた。

 

概要

・対象はJ1~J3の全チームのリーグ戦。

・放送のカウント根拠は以下のJリーグ公式の情報に記載のあるものとした。

www.jleague.jp

・全国中継(または静岡みたいに同一県でのダービー)は対戦する双方にカウントする。

・カウントには録画放送は含まない。(後述するが、録画放送に積極的な局がある)

・複数局の生中継重複(NHKと地元局など)は両方カウントする。

 

※ちなみにこのランキング作成を思い立った直接のきっかけは以下の記事。この記事はプロ野球中継の現状が現れていて興味深い。

toyokeizai.net

 
Jリーグ中継数ランキング

ということでチームはこちら

カテゴリ チーム 中継数
J1 浦和 15
J1 札幌 13
J1 清水 9
J2 松本 8
J1 神戸 7
J2 甲府 7
J1 磐田 6
J2 大宮 6
J2 京都 6
J3 群馬 6
J1 F東京 5
J1 仙台 5
J1 鹿島 5
J2 新潟 5
J2 岡山 5
J2 福岡 5
J1 川崎 4
J2 山口 4
J2 大分 4
J3 長野 4
J1 名古屋 3
J1 G大阪 3
J1 広島 3
J2 愛媛 3
J2 熊本 3
J3 福島 3
J3 鹿児島 3
J1 C大阪 2
J1 鳥栖 2
J2 山形 2
J2 金沢 2
J2 讃岐 2
J2 徳島 2
J3 岩手 2
J3 秋田 2
J1 1
J1 横浜M 1
J2 水戸 1
J3 富山 1
J3 琉球 1
J1 湘南 0
J2 栃木 0
J2 千葉 0
J2 東京V 0
J2 町田 0
J2 横浜FC 0
J2 岐阜 0
J3 YS横浜 0
J3 相模原 0
J3 藤枝 0
J3 沼津 0
J3 鳥取 0
J3 北九州 0

 

堂々トップは浦和レッズ。15試合も放映されており、単純に数えればホームゲームはほぼ地上波で賄えていることになる。トップになった最大の要因は、地元独立局のテレビ埼玉が14試合も放映していること。

2位は北海道コンサドーレ札幌。こちらはNHK、民放がまんべんなく放送しており、カウントしていない録画放送2試合を加えるとホームゲームをほぼすべて放映していた。

札幌はクラブの社長が露出増加を目的としてホーム全試合地上波中継を目指す事を公言しており、その取り組みによるものであろう。

www.nikkansports.com

3位の清水エスパルスは、静岡放送テレビ静岡がほとんどの中継を行っておりこの数字となった。サッカー王国だから多いとみるかまだこれでも少ないとみるか。

4位にはJ2トップで松本山雅がランクイン。松本も長野のNHKと民放が各局1試合以上中継している。5位ヴァンフォーレ甲府NHKが4試合の中継と山梨民放2局が放映、ヴィッセル神戸はすべてサンテレビが中継しておりこの結果となった。

 

調べる前はJ3は果たして中継されてるのかと思ったけど、調べてみると年数回は放送している所も多かった。

逆に厳しさを感じるのが中継数0のクラブ。中継が無いチームの傾向としては、どれも同一県や近隣にJ1や歴史のあるチームがある所ばかり。近隣に競合チームがある所が最も不利となっているように感じる。

 

テレビ局別中継ランキング

続いてはテレビ局別のランキング。こちらはトップ10を。

テレビ局 中継チーム 中継数
テレビ埼玉(独立系) 浦和 14
サンテレビ(独立系) 神戸 7
群馬テレビ(独立系) 群馬 6
テレビ埼玉(独立系) 大宮 6
静岡放送(TBS系) 清水 5
静岡放送(TBS系) 磐田 4
北海道文化放送(フジ系) 札幌 4
NHK甲府 甲府 4
NHK札幌 札幌 4
NHK総合(全国) 川崎 4
KBS京都(独立系) 京都 4

 

前述のとおり浦和の試合14試合を中継したテレビ埼玉がトップ。テレ玉は加えて大宮の試合も6試合放送しており、全部で20試合も中継している!流石埼玉というかなんというか・・・2番手も前述のとおり神戸の試合を中継したサンテレビ。今年はイニエスタ加入もあったしかなり反響あったのではないだろうか。

その他群馬や京都を見ても、独立局のある地域は中継本数が多い傾向にあった。やはりキー局の編成に縛られない故に中継をしやすいのだろう。

川崎は優勝チームだけあり地上波の試合全部が全国放送だった。

 

録画放送

生中継はしていないものの録画中継が多くされているチームもある。

最多は愛媛で21試合。南海放送が深夜に放送しているようで、ホームゲームがすべて録画中継されている。(上述の通り生中継は3試合) 

またFC岐阜の試合を岐阜放送が16試合録画中継している。

録画放送は試合が夜の場合に多い。これらの試合がゴールデンタイムの番組に替えて放送してもらえる回数が増えればいいのだけれど、それはテレビ局側よりも観客動員や話題性の増加が先決だろう。テレビ局側が無視できない存在になれば自然と増えてくるのではないかと思う。

 

まとめ

ホームゲームの大半が地上波中継されているチームもある。

カテゴリに関係なく年1回以上中継されているクラブも多い。

一方で中継が全然されないのは近隣に競合クラブがあるカテゴリが下のクラブ。

 

これらの現状も踏まえて、露出が増えていくようにサポーターも地道に頑張っていきましょう。

 

 

 

プレーオフを終えて

チケット取れなかったからテレビ観戦。チームの戦いを現地で見届けたかったな・・・

 

試合は完敗。J1とのレベルの差を見せつけられた内容だった。

名波監督も手腕が疑問視されてるけど、戦術以前の個人能力の差が段違いだった。

 

その差はパススピードの早さ、パスの選択肢の多さ(それを生み出す動き出し)、コースの切り方、フィジカルの強さなど挙げればキリがないくらい。

だから自陣でのパスをことごとくカットされるし、サイドで突破出来ないし、相手の突破力に耐えきれず、ロティーナが口酸っぱくして戒めていたゴール前でのファウルが増えるし・・・

そして今シーズン直接FK全く決められなかったヴェルディをあざ笑うかのような精度で田口がFKを決めてくる。

 

確固たる戦術は当然必要だけど、加えて更なる個の力を追い求めていかなければならないと痛感した。こういうレベルの差を体感した以上、来年は優勝を目指して強度や質を追い求めていかないといけない。

だがロティーナ監督のセレッソ行き報道が既に出てるなど、先行きは不透明。監督も選手も来年どうなるのか。

 

でもまずはこの1年お疲れ様でした。劇的な展開もあってエモーショナルなシーズンだった。

2018J1参入プレーオフ2回戦 横浜FC-東京ヴェルディ

これをエモいと言わずになんと言うのだろうか。

後半ATのほとんど時間ない中での決勝点。

内容で優位に立っているわけでもなく敗色濃厚での決勝点。手拍子するくらいでじっと見てた自分のような人間が大声で叫んだ。今まで味わったことない高揚感。

f:id:shv12:20181202154147j:image

次は磐田。個の力は段違い。だけどそんなのがどうした!次も勝つんだ!J1行くのは俺たちだ!

 

試合振り返り

ということで大宮に続きサッカー専用スタジアムの三ツ沢が今回の舞台。試合が見やすいので良いね。

f:id:shv12:20181202160312j:image

食事はアウェイ側にあったタコライスと横浜といえばの崎陽軒シウマイ弁当を。

f:id:shv12:20181202165925j:image

f:id:shv12:20181202160538j:image

あわせて100円のガチャガチャをやったら出てきたのは、26番高井のユニフォーム。扱いどうしようかw

 

ヴェルディは泉澤が戻ってこれなかったもののドウグラスがベンチ入りで復活。

横浜FCレアンドロドミンゲスがベンチ外。攻撃の中心選手が怪我で不在なのは一緒な状況。

 

試合は流石に大宮戦のようには行かず横浜FCも前からプレスをかけにくる。

ヴェルディも負けずに繋いでいくけどなかなか上手くいかない。そしてイバのポスト直撃シュートという肝を冷やす場面も。そういえば佐藤がキックの際に芝生をしきりに踏んでいたのが気になった。芝あんまし良くないんだろうか?

そして苛立ったのは横浜FCの選手がファウルで止める頻度の高さ!明らかに流れを寸断するためにはファウルでも良いってやつ。フェアプレーの観点からそれはどうよ?と思うね。

それでもなんとか無失点で前半が終わった。

f:id:shv12:20181202204907j:image

後半も同じような状況も、次々と交代を繰り出し点を狙う姿勢を見せてくる。梶川、レアンドロ、そしてドウグラス。だが後半になってもガツガツ来る横浜FCもなかなか崩れない。逆にファイヤーフォーメーションでオープンになった故にカウンターを受ける回数が増えてくる・・・全部外れてくれて助かった。

そして7分という長いアディショナルタイムに突入。時計を頻繁に見ながら少々の諦めの気持ちと苛立ちの気持ちを持ちながらも見守る。

 

そして得たコーナーキック。背の高い選手も多いし、上福元も上がってくる。たぶんラストチャンス。

 

・・・この辺りの流れははっきりとは覚えてない。覚えてるのは二つ。上福元がヘディングを打ったこと。そしてこぼれ球をドウグラスが決めたこと。

これは現実か?ゴール裏の狂喜乱舞とそこに駆け寄る選手と、そしてバックスタンドで大声で叫ぶ自分。

そこからあとは早く終われ!と大声で叫ぶのみ。相手の攻撃も跳ね返し、ボールキープして前進するヴェルディの選手たち。

最後審判の笛ははっきり聞こえなかった。でもメインスタンドが歓声をあげ、足を止める選手たち。

勝ったんだ・・・

 

ということで喉は痛いし、舞い上がる高揚感でふわふわしてるし、という今。

まず火曜日12時はチケット争奪戦になるだろう・・・そこでしっかりチケット取って磐田へ行こう。

2018J1参入プレーオフ1回戦 東京ヴェルディ-大宮アルディージャ

前週でプレーオフ行きは決めたけど、この1週間負けたらどうしようとか、ロティーナの去就はとかそんなネガティブなことばかり考えていた。

だがどんな結果でもこのチームを見届けようと誓ったから大宮行きを決めた。チケットは発売開始当日12時にJチケアクセス出来るように万全の準備をして取れた。

 

というわけでアウェイの地大宮へ。

f:id:shv12:20181125165137j:image

f:id:shv12:20181125164238j:image

大宮のフラッグに彩られた大宮の街や道を抜け、氷川神社を横目にスタジアムへ。駅前の力は対戦相手のフラッグまで掲げてくれてありがとう!

 

f:id:shv12:20181125164029j:image

f:id:shv12:20181125195208j:image

 

お昼はアウェイ側に屋台を出してたこちらを。ナシゴレンを堪能。

 

そして客席へ行くと、1階はもちろんのこと2階も空きを探すのに苦労する程のサポーターの数が。

これがヴェルディのゴール裏なのか。

 

やっとのこと2階で席を見つけて応援準備開始。

f:id:shv12:20181125164535j:image

2階席は俯瞰して見られるのが良い。選手のフォーメーションもはっきり分かるし。町田戦の時は反対側のゴール前も逆サイドも見えづらくてライン割ってるのかも全然分からなかったから、尚更素晴らしく感じた。

 

試合はポゼッションで優勢のヴェルディと引き分けでも良いから守り中心の大宮の戦い。

前半の何が素晴らしかったって、カウンターに繋がりそうなピンチをほぼ全て中盤で摘んでいたこと。説明不要な怖さのある大前やマテウスに仕事させず、カウンターで先制して試合を有利に進ませるということを一切させなかった戦いぶりは本当に素晴らしい内容だった。

ただし大宮も真ん中がしっかり跳ね返すので得点の決定的チャンスもなかなか生まれない。

ネガティブな部分は、前半の間に内田がイエロー貰ったこと。その時、なんか嫌な予感する、絶対2枚目貰うなよ!と頭の中で思ったのだが、まさか後半その予感が当たってしまうとは。。。

 

f:id:shv12:20181125165954j:image

(ハーフタイムにミーヤちゃんヴェルディ側にも来てくれた)

 

そして後半も同様の展開だったが、敵陣で内田がラフプレーと判定されイエロー2枚目。まさかの中盤守備の達人が退場という事態に。

ティーナ体制では1度しか無かった退場がこのプレーオフで。。。正直この瞬間は意気消沈した。この後押し込まれてしまうのか・・・

だがヴェルディは10人になってもしっかり攻めることが出来た。もちろん大宮がそこまで攻める姿勢じゃなかったのもあるんだろうけど、変わらず攻める姿を見せてくれた。中でも香川のサイドの2人抜きが気持ちをまた高ぶらせてくれた。

そうだ。今のヴェルディにはロティーナ体制で築きあげてきた守備、ポジショニングなどの信じられる基盤があるんだよな。そしてこの基盤の上に乗っかった最後まで諦めないメンタルもあるんだ。このピッチに立っているのはそれを出来る選手達だ。

 

そして得たフリーキック、佐藤の蹴ったキックを平がゴールネットへ。。。

f:id:shv12:20181125170354j:image

こんな下手くそ写真しか撮れないくらいの狂喜乱舞。(キックの軌道ばかり追ってたから佐藤が直接決めたと思ってたのは内緒)

そしてこの後大宮のタコ殴りが始まった。シモビッチとかいう反則身長のFW入れてきてこれまでと打って変わってガンガン攻めてくる。

そこから先はもう何でもいいから守れ!!の世界。

DFのクリア一つで騒ぎ、神福元のキャッチング一つで騒ぎ、ゴールラインギリギリのクリアで大騒ぎし、そしてポスト直撃のシュートに肝を冷やし。。。

長かった6分のアディショナルタイムが終わった瞬間は、両手を突き上げた。

 

f:id:shv12:20181125171501j:image

f:id:shv12:20181125195422j:image

泉澤もドウグラスも藤本も欠場、通訳は不在、加えて10人で点取らないといけない逆境をはねのけて勝利を得た戦士達。最高だ!!

 

f:id:shv12:20181125172144j:image

最後は大宮の選手にも拍手。生で本気のぶつかり合いを見てるからこそ、相手への敬意も湧いてくるし、拍手しようって気持ちになる。

 

そしてゲートを出ると三ツ沢のアウェイチケットを譲ろうとする大宮サポとお金払ってゲットしようとするヴェルディサポの人だかりが。

私もしっかり定価を支払ってチケットを譲っていただくことに。しかも「頑張ってください」って言葉まで頂いてしまって。。。

(バクスタのチケット譲ってくれた女性サポーターさんありがとう!)

 

来週は堅実な戦力に加えてレドミやイバなど強力な攻撃陣を抱え、大分と同じ勝ち点を積み上げた横浜FCが相手。

こちらは怪我人を抱える満身創痍な状態。だが私は、逆境を跳ね除ける力があることを今日証明してくれたヴェルディの戦士達を信じている。

2018年J2第42節 町田ゼルビア-東京ヴェルディ

勝ち点70。去年最終戦で掴んだ勝利で得られた数字。

そして今年の41節終了時のヴェルディの勝ち点も70。だが7位のチームまでプレーオフ進出可能性がまだ残っているという状況。上積みをしないと生き残れない厳しい戦いだってことがよく分かる。

 

そんな熱い状況の中で野津田(初めて知ったけど「のづた」なのね)に参戦。

f:id:shv12:20181117195605j:image

f:id:shv12:20181117195610j:image

 

まず鶴川駅に降り立つと長蛇の列。そして道路渋滞で公式記載の15分じゃ全く着かないシャトルバス。チケット完売するくらいの観客が一気に集ってるから明らかにキャパオーバーレベル。このアクセス面はなんとかして改善しないといけないであろう・・・

 

そして到着するとスタグル全てが行列。残念ながらスタグルは写真の唐揚げで打ち止め。

 

そして川崎や湘南のグッズを付けてる明らかに他サポな人もちらほら。我らは悪者ですかね(笑)

 

f:id:shv12:20181117225133j:image

そしてこの日のアウェイ側ゴール裏は目一杯緑。スタグル列まで応援聞こえてきたくらい気合も十分。自然と自分の気合も高まる。

 

試合は町田の選手間の距離がかなり狭い圧縮サッカーで中盤でボールをなかなか繋げないが、それでもヴェルディはしっかり体を張ったりロングボールを織り交ぜたりして失点を許さない。

後半はヴェルディもギアを上げてチャンスが増えてくる。そんな中で、奈良輪のロングパスを林が飛び出してくるキーパーの頭上を越えるループシュートを決める!

しかしその後町田に同点に追いつかれ、終盤はオープンな展開に。この辺りの展開はハラハラドキドキでサッカー自体を楽しめた。

審判も見えないしビジョンにも表示されないから何分かも分からなかったアディショナルタイムの攻防の末ドロー。試合終了の瞬間両チームとも倒れこんだのが印象的だった。

 

他会場の経過は絶対に見ないようにしてたから終わった瞬間に携帯を見る。山雅引き分け、大分引き分け、横浜FC勝ち、大宮勝ち・・・大宮が勝っちゃってるよ。。。

ティーナやスタッフが極端に焦っている風には見えなかったから大丈夫なのか?でも最後選手倒れ込んだよな・・・?どっちだ?と混乱。

そして最後に福岡が引き分けとなり、全チームの順位表が出てくる。ヴェルディ6位。

生き残った・・・

 

f:id:shv12:20181118163733j:image

福岡が勝ち点70、そしてヴェルディは勝ち点71。去年より1多く積み上げた勝ち点で生き残った。去年の維持のみでは脱落していたということを突きつけられた。

 

プレーオフ初戦の相手は大宮。引き分けでも敗退。だが引き分け狙いなんてなかなか上手くいくものではない。

来週も必ず勝つ。

カメラを止めるな! 感想

最近話題のカメラを止めるな!を見てきた。

kametome.net

 

口コミで話題になってから見に行くのは負けだって気持ちもあるけど←

口コミ話題作品で外れはそんなにないだろうし、夏休みだしということで。

 

雑感

見に行った後には、面白かったし時間あれば見に行った方が良いよって感想を持った。ただし、何が何でもおすすめだよ!みたいな感想は抱かなかった。それは個人的な理由でもあるんだけど。

 

まず最初はゾンビ映画の撮影のシーンから始まって。役者の演技にやたら拘って怒鳴る監督。これもまた演技なんだろうなーなんて思いながら見るとこのゾンビ映画ワンカットの30分強も続く。というわけで目は離せない。

ただ出演者がカメラの方ちらちら見てるし、カメラワークもいかにも撮影してる風だし、これ作中作だよねってことはまあ気付く。

で、最後は字幕が出てエンドロールが出る。やっぱり作中作でしたかという所で一息ついた。

と思っていると作品は1ヶ月前に遡り、この企画の始まりから。

再現ドラマとかを撮っている「早い 安い 質はそこそこ」の監督に依頼が来た、生中継でワンカットでゾンビ作品を放送するという企画。

しかし、アイドルがNG出すとか、考えすぎの役者とか、癖のある人が色んな要求きてきて、監督は言うこと聞いて妥協するタイプっぽい。じゃああの最初の作品はなんだったのだろう?妄想?

答えはそのあと出てくる。色んなアクシデントを乗り切って出来上がったものだったのだ。

 

あの怒鳴る監督の姿は?→役者が事故ってこれなくなったから代役で出ただけだった(だけど妥協のストレスが出たのかアドリブ込み)

脈絡のない物音は一体?→酔っ払い役者が扉にぶつかったから

いきなり飛び出した奴はなんなんだ?→トイレ行きたかったから

 

などなど・・・なるほどねと思うと同時に笑いがこみあげてくる

そして最後のカメラカットも、撮影のアームが落ちて上から撮れない!なら人間ピラミッドで上から撮影するという力技だったのだ。 

ということでアクシデントを乗り越えて最後のシーンを終えてカットでおしまい。

 

綺麗に収まる喜劇でお金払って観に行って良かった。どんな映画なのかあらすじもほぼ見ずに来たのは正解だった。世の中こうやって実写映画作っているのかななんて思ったり。でもなんで強烈におすすめって感じにならないかといえば・・・

 

その他感想

まずこの作品が好きって人にオススメしたい他の作品を挙げたい。

 

アフタースクール [Blu-ray]

アフタースクール [Blu-ray]

 

 

鉄板なのはアフタースクール。これは本当に面白かった。

その他、鍵泥棒のメソッド運命じゃない人などこの内田けんじ監督作品もおすすめしたい。

上記のように、何故とにかくオススメ!絶対見ろ!みたいな気分になってないのかといえば、こういうタイプの作品が元々好きで色々見てきたからである。

新鮮な絵、新鮮なストーリー、新鮮なものの見方、密度がやたら濃い!等があった時に延々語りたくなり、人に薦めたくなるのだけど、そういうタイプではなかったなと。

 

ただ、それはあくまで個人的な話。

このタイプの捻って作った物語って映画とか物語にのめり込む入り口だと思っている。一体この話どうなるんだろう?ってのめり込むのって楽しいし。もし自分がこのカメラを止めるな!で初めてこのタイプの作品見たって立場だったら、多分相当周囲に観に行った方がいい!っておすすめしていると思う。

 

昨今邦画が叩かれている、(逆にアニメが持ち上げられている)要因は、こういう物語や演出で持っていく要素があまりに足りなさすぎるからだと思っている。

結局誰が出ていようと物語とか演出とかが良い作品はちゃんと評価されている。それもSNSが発達しているから成し得ること。

SNS拡散が容易になった今、このタイプの作品にはチャンスの時代なんじゃないかと思う。何せ監督も役者も有名人ってわけじゃない(私も全員初めて知りました)この作品がこれだけヒットしているのだから。

というわけで、この監督さんにはまた面白い作品を生み出してほしいなと。

 

2018年J2第28節 モンテディオ山形-東京ヴェルディ

2戦連続観戦にして2年連続の山形アウェイ観戦。

 

山形は集客試合のようでユニフォーム配布もやっていて13000人以上の来場者。

f:id:shv12:20180812121406j:image

 

スタジアムでは炎のカリーパンと、牛カルビ串を。

f:id:shv12:20180812210650j:image

 

ということで良い雰囲気も味わって開始までは良かったんけど試合は・・・勝ってくれれば良かったんだけど。

 

前半から攻めてるけど粘り強く最終ラインで跳ね返される前半。そして良くない位置で与えたFKから合わせられて先制を許す。

そして後半は早々にCKから失点。ニアで処理しきれず後ろにそらしてしまいファーで詰められる失点。これ何度か見た光景だし狙われてるんだろうか。

そのあと泉澤の投入で1点返すもその後入れられず敗戦。

更にラストプレーは敵陣で相手に当たってボール出たのにCKと思ったらゴールキック判定で審判へのヘイトが溜まる結末に。

 

ただ、失点はヴェルディのミスだし、後半途中からの林を入れての4トップパワープレーも有効だったとは言い難い。相手を上回れなかったからこその敗戦だと感じる。

 

次は上位の大分戦。ここは絶対に踏ん張らないと。