読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shv日記

気が向いた時に綴るブログ

ヴェルディ前半戦-起用の変遷-

前半戦終わりということでスタメン起用を振り返ってみた。

 

参考までに初戦と昨日の試合のスタメンを載せてみた。同じフォーメーションだが、両方に名を連ねているのは3人のみだった。(田村の出場停止もあるけど)

 

開幕の松本山雅戦のスタメン

GK 佐藤 優也
DF 安西 幸輝
DF 吉野 恭平
DF 金 鐘必
DF 舘野 俊祐
MF 田村 直也
MF 中後 雅喜
MF 前田 直輝
MF 高木 大輔
MF 菅嶋 弘希
FW 平本 一樹

 

昨日の山形戦のスタメン

GK 佐藤 優也
DF 田中 貴大
DF 金 鐘必
DF 井林 章
DF 安在 和樹
MF ニウド
MF 鈴木 惇
MF 安西 幸輝
MF 南 秀仁
FW 永井 秀樹
FW 平本 一樹

 GK編

 GKは佐藤優也が全試合フル出場。佐藤はファインセーブも多かったが、やらかしもちらほら目立っていた。もうちょっとミスを減らしてほしいところである。

 

CB編

シーズン開幕当初は吉野と金、途中からは井林章金鐘必のコンビが定着。

 

最後の砦系の井林とビルドアップできる金の組み合わせはいいんじゃないかと思う。

 

そして井林は早くセットプレーでゴール決めてフィギュアゲットしちゃってくださいな。お願いします。

 

SB編

開幕戦での両SB組み合わせをどれだけの人が覚えていただろうか?右は安西幸輝なのは浮かぶだろうが、左は館野が先発だったのである。

ジェフ戦の頃から安在和樹が台頭してきてスタメン奪取すると、Wあんざいが基本形になった印象を持ってしまうが、安西は1列前のポジション起用が増えたため、右は結構流動的。森や田中、そして最近は田村の起用もあった。

 

安西はもう完全にレギュラー当確である。キャンプ段階から好調であるという情報は伝わってきたが、実戦で見ても運動量豊富で積極的なプレーが多く、前半戦のMVPであると思う。

 

森勇介は起用しないのか!とずっと思っていたので、初先発出場の時はやっと出たか!と思ったものである。

ただ、安西を引っ込めてまで起用すべきかと言われれば否という感じである。攻撃は流石のプレーぶりであるが、大分戦での佐藤と森のお見合い失点もあったり守備の方で不安があるので・・・

 

後半戦最初は田村SB起用だろうか。

 

ボランチ

若手中心のシーズンでありながら、殆ど若手が起用されていないポジションがある。それがボランチ。たまに吉野が起用されているくらいである。

 

こう見ると、ヴェルディの下部組織上がりで足りないポジションが一つ見えてくる。下部組織出身のJリーガーでは、田村も大学→仙台と今年までヴェルディ在籍経験がなく、富澤のボランチレギュラーはマリノス移籍後、仙台の富田は1度もヴェルディに在籍していない。過去を見ても佐伯も大学から他クラブを経て最後にヴェルディ加入し、菅原も長いブランクを経て戻ってきた。長く現役を続けられている選手も多いが皆他のクラブで主にプレーしている印象だ。

来年昇格するであろう三竿に期待と言ったところだろうか。

 

開幕当初は田村と中後、途中から田村と鈴木、鈴木の一列前起用の頃から田村とニウド、そして最近は鈴木とニウドの起用である。

 

鈴木・田村・ニウド当たりが頭一つ抜けているだろうか。ポジションがどこであれ彼らは必要な選手であると思う。

 

それにしてもニウドは掘り出し物である。「若い選手を育てるために刺激になるから若い外国人を取りたい」というヤスの要望で獲得したそうであるが、予想以上に良い選手だった。今やスタメンに定着し、前節は見事なミドルシュートを決めた。

 

SH編

開幕戦は右が前田直輝、左が高木大輔

右はしばらく前田が起用されていたが、途中からは安西が最も起用されている印象である。

左は、高木や南のようなアタッカー系、鈴木や中後のようなパサー系など、試行錯誤があるようだ。

 

なかなか安定したパフォーマンスを見せる選手が出てこないのが悩み所だ。

個人的には前田がイマイチなのが気がかりだ。起用されなくなった理由は外から見ていても分かる。運動量が少ないこと、武器のカットインシュートが完全に対策されてきたことであろう。

彼の活躍は躍進に不可欠だと思うので頑張ってほしいが・・・

 

FW編

こちらは平本が軸。平本がけがで離脱の間は菅嶋と常盤が一貫して起用されてきた。そして怪我明けかつ大敗後は平本と永井の組み合わせである。

 

正直若手は永井に先発の座を明け渡しているのは駄目だと思う。彼の起用で攻撃が活性化してるのは明らかだが、43歳に先発をとられるというのは・・・もっと奮起しないと。(尚、私は正直永井がここまで出来るとは思っていませんでした。)

 

永井はテクニックがありシンプルなプレーで視野も広いが、やはりスタミナや運動量等フィジカル面は厳しい。

菅嶋は献身的でいいのだがどうにも持っていない・・・1点決めればケチャップドバドバになりそうな気もするが

常盤は運動量があって動き出しはいいのだが足元の技術が酷い・・・何度常盤にテクニックがあれば!と思ったことか。

 

このように一長一短があるのでどうにも悩ましい。常盤に永井のテクニックがあれば万事解決なのに!

 

 

まあ、こうやって見ると一長一短が激しい選手が多い印象である。後半戦は全体的にもう少しバランスのとれたプレーを見せてほしいものである。