読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shv日記

気が向いた時に綴るブログ

2020年オリンピックは東京に決定しました。

今朝、2020年夏のオリンピック開催地が東京に決まりました!

 

いやあオリンピック開催決定めでたいです。

 

日本人として、一人のスポーツ好きとして、東京ヴェルディを応援する身として、オリンピック開催は強く願っていましたから。

 

こうなると地元クラブたるヴェルディからもオリンピック選手輩出してもらわないと。サッカーは勿論、バレーボールやトライアスロン選手も出してほしいですな。ロンドン五輪では湘南のビーチバレー選手が選ばれていましたからね。

 

他には東京のスポーツ振興に尽力してスポーツへの見識を高める機会をじゃんじゃん提供してほしいですね。

 

とりあえず、東京招致までの色々なことをさくっと書いてみますか。

 

汚染水問題について

やはり、福島の汚染水問題は質疑応答でも指摘されましたね。

こちらは何とかしてくれるでしょう。というか何とかしていただかないと困りますよ。公の場で首相がスピーチしちゃったんですからね。

 

東京に決まったから知らなーいとか関係ないとかそういうスタンスにならないように注視しないといけませんね。

前のスピーチで200km離れてるから大丈夫!という発言の時、招致サイドの心の中では東京さえよければ・・・ってスタンスなんじゃないか・・・なんて思っちゃいましたからね。それが杞憂で終わるようでないと。

 

今の福島沖の海水の核物質の濃度は、1970年代と同じ程度だ。この時期に海産物、また海の利用によって、ガンなどの健康被害が広がったという報告はない。だから汚染水問題で健康被害が起こる可能性は極小であると私は考えている。

(中略)

人工核物質の放出量は、ほぼ推定できる。福島原発事故で太平洋に流れ出た核物質は、太平洋全体に占めるそれの1~2%にすぎない。残りは核保有国が北半球で行った核実験やチェルノブイリ原発事故、規制前の1960年代に行った放射性物質の海洋投棄によるものだ。他国が日本の事故を非難できる立場にはない。

福島原発の汚染水問題、健康被害の可能性なく騒ぐ必要なし : アゴラ - ライブドアブログ

 

汚染水問題については上記のような環境ジャーナリストの分析もあります。極端に騒ぎすぎず、冷静になることも大事ですよね。

 

ドーピング問題について

トルコ陸連は5日、2004年アテネ五輪男子ハンマー投げ銀メダルのエスレフ・アパクら31選手をドーピング規定違反で、2年間の資格停止処分にしたと発表した。トルコでは今年に入ってドーピング問題が続出。2020年五輪開催地に立候補しているイスタンブールの招致活動にも影響を与えそうだ。

AP電などによると、検査の場所や日時、見つかった薬物などの詳細は明らかでないが、多くは6月下旬にトルコのメルシンで開かれた国際総合大会地中海大会での検査で発覚したと見られる。ロンドン五輪女子1500メートル金メダルのアスリ・ジャキールへの調査も続けている。

国際陸連はトルコでドーピングが広がっていると見て、集中的に検査を進めている。7月31日にはトルコ9選手のドーピング違反発表。それ以前にも、今年だけで7人のトルコ選手が国際陸連の資格停止リストに入った。 

朝日新聞デジタル:トルコ陸上選手31人、2年間資格停止 ドーピング違反 - スポーツ

 

もう一つ招致に影響があったように思うのはドーピング問題ですが、トルコではこんな報道が五輪招致中に起きました。

 

そしてもう一つマドリード擁するスペインなんですが、数年前に自転車競技のドーピング問題が持ち上がったり、サッカー界での投与疑惑が浮上するなど、こちらもドーピング問題があり、しかもドーピングの検査体制が・・・という国でもあるのです。

 

これは前々から問題になっていて、下記リンクの過去記事でも問題点に触れられています。

スペインの緩すぎるドーピング事情。サッカー界は潔白を強調するが……。(1/4) - Number Web : ナンバー

 

経済面もアレですが、こちらも深刻なんです。

ドーピング以外でも、パラリンピック知的障害者バスケがしばらく無かったのもスペインが健常者を混ぜて参加して金メダル!なんてことがあったせいですしね。スペインはまずクリーンにする努力を早くからしないと。。。

 

竹田理事長のスピーチでも言及されていましたが、スポーツ界におけるドーピングと賭博がらみの八百長の問題は深刻な問題です。

ドーピングではアームストロングの告白があり、EPOという赤血球ドーピングを行っていたことを認めました。

(赤血球を増大させる貧血の治療薬を悪用したドーピング。赤血球の増大=酸素運搬能力が高くなるので持久力に影響が出てくるのです。)

八百長問題では、今年初めには世界中のサッカー600試合以上での八百長疑惑が持ち上がっていましたし。

 

これらはスポーツの根幹を揺るがす問題ですからね。この点では日本は圧倒的に有利でした。ずっとクリーンに五輪に臨んできたのが大きく報われましたね。

 

というわけで、蓋を開けてみれば東京の完勝でした。やっぱりスポーツ本体で差がついたのかなと思いました。やっぱこういうのを見ると、ネトウヨではないけど日本偉大であるなんて思っちゃいますね。

 

7年後なんて想像つかんですが、生で観戦したいですね。